台風などの強風被害に備えて
令和4年1月1日から
瓦屋根の緊結方法が強化されます

新築時には全ての瓦の留付けが義務化されます

近年、強い台風の上陸により、住宅の瓦が脱落するなどの大きな被害が発生しています。 このような強風による被害を少なくするためには、瓦を屋根に緊結・・・つまり、しっかり留付けることが重要です。
新築の住宅に対しては、令和4年1月1日から瓦の留付け方法に関する建築基準法の告示基準が強化されます。 また、既存住宅の瓦屋根に強風対策を講じる際に活用できる補助制度が拡充されます。

強風で瓦が脱落
強風対策で無被害
これまでの緊結では台風等で多くの被害が発生
瓦屋根の緊結方法が強化されます

国土交通省 ・  全国陶器瓦工業組合連合会